最低賃金(さいていちんぎん) 過去最大(かこさいだい)の28円(えん)引(ひ)き上(あ)げ

今年こんねんど最低賃金さいていちんぎんについて厚生労働省こうせいろうどうしょう審議しんぎかいは、すべての都道府県とどうふけん過去最大かこさいだい28えんげて全国平均ぜんこくへいきん時給じきゅう930えんとする目安めやすをまとめ、厚生労働省こうせいろうどうしょう答申とうしんしました。

 

最低賃金さいていちんぎん企業きぎょう労働ろうどうしゃ最低さいていげん支払しはらわなければならない賃金ちんぎんで、現在げんざい全国平均ぜんこくへいきん時給じきゅう902えんとなっています。

 

今年こんねんど最低賃金さいていちんぎんについて、労使ろうし代表だいひょうなどが参加さんかする厚生労働省こうせいろうどうしょう審議しんぎかい議論ぎろんを続けた結果けっか、▽非正規雇用ひせいきこようはたらひと待遇改善たいぐうかいぜんもとめられることや、▽企業きぎょう利益りえき産業全体さんぎょうぜんたいでは回復かいふくられることなどから、すべての都道府県とどうふけん一律いちりつ28えんげ、全国平均ぜんこくへいきん時給じきゅう930えんとする目安めやすをまとめ、16日、厚生労働省こうせいろうどうしょう答申とうしんしました。

 

28えんはばはこれまででもっとおおきくなっていて、目安めやすのとおりにげられた場合ばあいもっとたかいのは東京とうきょうと時給じきゅう1041えんで、すべての都道府県とどうふけん時給じきゅう800えんえます。

 

一方いっぽう16にち審議しんぎかいでは、この目安めやす都道府県とどうふけんしめすことについて、企業きぎょうがわ一部いちぶ委員いいんが「おおはばげは雇用こよう減少げんしょう倒産とうさん増加ぞうかなど地域経済ちいきけいざいへの影響えいきょう懸念けねんされる」として反対はんたいし、全会一致ぜんかいいっちりまとめにはなりませんでした。

 

今後こんごはこの目安めやすをもとに都道府県とどうふけんごとに設置せっちされた審議しんぎかい議論ぎろんおこなわれ、実際じっさいがくまります。

 

あたらしい最低賃金さいていちんぎんはことし10がつから順次じゅんじ適用てきようされる見通みとおしですが、新型しんがたコロナウイルスの影響えいきょうつづなか都道府県とどうふけんごとの議論ぎろんでどのような判断はんだんしめされるのかが焦点しょうてんとなります。

 

参照さんしょう (NHKニュース)

 

まだ、決定けっていではありませんが、時給じきゅうあげましょうということになるようですね

ほかくにおなじかもしれませんが、日本にほん都道府県とどうふけんより、時給じきゅうわりますそれは、東京とうきょうおおさかような大都市だいとし地方ちほうではいえ値段ねだんなどがちがからです東京とうきょう時給じきゅうたかいですが家賃やちんなどもたかいです

だから、時給じきゅう給料きゅうりょうたか理由りゆうけで東京とうきょうなどのおお都市とし生活せいかつすることがいいとはかぎりません地方ちほう生活せいかつすることもとてもメリットがあります給料きゅうりょう大事だいじですが地方ちほう生活せいかつするメリット大都市だいとし生活せいかつするメリット色々いろいろかんがえてみてください