search-icon
Dao Van Dai
2022/11/28 01:23
【から】と【ので】の使い方

【から】と【ので】の文法はほとんど同じだが、異なる点もあると思います 先生が使い方を教えていただけると幸いです

eye icon 149
Answer:
2021/07/21 13:06
  • 台風が来たので、今日は休みです。 voice
  • 歯医者に行きますから、今日は休みます。 voice

ので・・・客観的理由

から・・・主観的理由

「から」を使うと、自分の理由なので、言い訳に聞こえる場合があります。

なお、「みんなの日本語」やJLPTでは、

   です・ます形・・・から

   普通形・・・ので

試験対策など、授業で聞いてください。


Translate

Hisao
111 Lesson message-icon 27
2021/07/21 02:21
  • 【から】は、話し言葉で話す人の気持ち(主観的)を表します。 voice
  • 【ので】は、書き言葉で事実関係(客観的)を表します。 voice

【から】は、様々な意思表現ができます。【ので】は、命令などの強い意思表現はできません。

 ・よいこだからおとなしくしなさい。

 ・よいこなのでおとなしくしなさい。

【から】は丁寧ではありません。【ので】は丁寧です。

Translate

Yuki90
791 Lesson message-icon 13
2021/07/21 02:08
  • (電話で)日本の夏は とても 暑い「から/ので」たくさん 水分をとってください。 voice
  • (作文で)日本の夏は とても 暑い「ので」たくさん 水分を とらなければならない。 voice

「から」と「ので」は どちらも 原因(げんいん)・理由(りゆう)をあらわしますね。違いはいくつかありますが、重要なのは

「から」は話し言葉だけ、「ので」は話し言葉と書き言葉の両方に使えるということ

だと思います。「ので」はやわらくて 丁寧なので 作文に使うのは「ので」です。

As you already know, 'kara' and 'node' both mean the cause and the reason. There are some differences, but the most important point is that you can use ‘kara’ just in spoken language and ‘node’ in both spoken and written language. I recommend you to use ‘node’ when you write an essay or document as ‘node’ is a kind of soft and polite word.


Translate

takumi
12 Lesson message-icon 30
2021/07/22 14:44
  • 危ないから逃げてください voice
  • これおいしいから食べてみて voice
  • 明日は早いからもう寝なさい voice

人に頼み事をする時は命令をする時は、「から」を使うのが自然です。「ので」では、柔らかいニュアンスとなり気持ちがはっきりと伝わりません。

Translate

クミコ
0 Lesson message-icon 6
2021/07/22 01:32
  • 家を出る前に急に電話がかかってきたので、電車に乗り遅れてしまい遅刻しました。申し訳ありません。 voice
  • 折り返しお電話いたしますので、少々お待ちください。 voice
  • (友達や子供・兄弟などに)「うるさいから、静かにしてよ。」 voice

「ので」は、自分の意見というより、事実を客観的に知らせています。そこで、丁寧でやわらかい表現だと相手も感じます。「ので」は、丁寧な依頼・頼み事や謝罪をするときにふさわしい表現です。また、相手に協力を求めるとき、「丁寧形+ので、丁寧形」にすると相手の協力が得やすいと思います。例)明日伺いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

「から」は、話し手の気持ちを表すときに使いますが、自分の意見を強く言っているように聞こえます。「から」は、話し言葉なので、作文には使わないほうがいいでしょう。特定の人(友達、仲間、子供、兄弟など)に自分の考えを表すときによく使います。

会社や学校などで上司や先生、お客さんには「ので」を使うといいですよ。

Translate

Haru
15 Lesson message-icon 31
2021/07/21 04:24
  • 道(みち)がこむだろうから、はやく出発(しゅっぱつ)しよう。 voice
  •  どうして道(みち)がこんでいるのですか。→ オリンピックが始(はじ)まったからです。 voice
  • 時間がないので、いそいでください。 voice

 【から】も【ので】も原因(げんいん)や理由(りゆう)をあらわすために使(つか)われます。使(つか)い方はほとんど同(おな)じですが、でも以下(いか)のような文のときは、「~から」を使って「~ので」は使いません。

1. 話(はな)し手の想像(そうぞう)や判断(はんだん)を表(あらわ)す「~だろう」につなげるときは、「~から」は使えますが、「~ので」は使えません。

例) 道(みち)がこむだろうから、はやく出発(しゅっぱつ)しよう。 (~のでは×)

2. 理由をたずねる質問(しつもん)へのこたえは、「~から」を使います。

例) どうして道(みち)がこんでいるのですか。→ オリンピックが始(はじ)まったからです。(~のでは×)

3. 命令やさそいの文のときは、「~から」を使うのがより自然(しぜん)です。

 例) 時間(じかん)がないから、いそげ。(「~ので」 は少し不自然(ふしぜん)です。でも、ていねい形のときは、「~ので」でも自然です。→ 時間がないので、いそいでください。〇)


Translate

Hiromi
0 Lesson message-icon 12
2021/07/21 02:48
  • 危ないので押さないでください。 voice
  • 危ないから押さないでください。 voice
  • 【ので】話し手の意思表示を弱め丁寧に伝える場合 【から】話し手の意思表示を強調して伝える場合 voice

意味、使い方は同じですが、例文1の「ので」は自分の主張をあまり出したくない時に使います。話す時も書く時にも使われます。

例文2の「から」は自分の主張が協調される時に使います。こちらは書き言葉には使われる事はありません。

【ので】話し手の意思表示を弱め丁寧に伝える場合

【から】話し手の意思表示を強調して伝える場合

Translate

まーちゃん
0 Lesson message-icon 10
2021/08/12 00:38
  • ここから【から】ハノイまで飛行機で1時間かかります。 voice
  • 電車が遅れてますので【ので】会社につくのは30分後になります。 voice

1.『から』

〜は年月日及び時間、場所を入れます

〜から〜まで 

例:5時から6時まで勉強します。例)ダナンからハノイまで行きます。

2.『ので』

どうしたの?に対して理由を言います。

・〜のでは原因・理由を入れます・どうしたの?に対して理由を言います。

例:足が痛いので歩けません。




Translate

Akane
0 Lesson message-icon 1
2021/07/28 02:50
  • 他の人の迷惑になりますから、大声を出さないでください。 voice
  • 他の人の迷惑になりますので、大声を出さないでください。 voice

すでにたくさんの先生から回答が出ている通りです。

・から→話し言葉、意思がある

・ので→書き言葉、丁寧

例文1は、例文2より強く聞こえます。

例文2は、例文1より丁寧に聞こえます。


下の文を見てください。

例文3:私がやりますから、休んでいてください。

例文4:私がやりますので、休んでいてください。


例文3は「わたしがやる」という意思が、例文4より強いです。

例文4例文3より優しく・丁寧です。


どちらを使っても言いたいことは伝わります。

しかし、自分の気持ちは正確に伝えたいですよね?

怖がらずに、一緒に会話をしながら勉強しましょう!

Translate